月別アーカイブ: 2017年4月

スペインのナイトブラとブラジャー事情について

スペインと日本ではブラジャーのサイズの表記が違うのか?
スペインの下着屋さんを冷やかしモードで覗いていると、売っているブラジャーのカップのサイズがAとBばかりなのにびっくり。町を歩いていると、胸の大きい人が多いし、なにしろ太っている人が本当に多いので当然胸も大きく見えます。いわゆるAやBの人なんているように思えないのに!!
これはこちらに来てしばらくの間謎でした。今でも謎ですけれど。
そしてとうとう私もブラジャーを買う時がやってきました。
好みのブラジャーを選んでいると、店員のお姉さんが話しかけて来たので、「サイズがわからない」と伝えると、メジャーを使うわけでもなく目測で「A90ね」と言って棚からそのサイズと一つ上のA95を出してくれたので、試着してみることに。さすがプロ。A90で良い感じでした。なのでお礼を言って購入。
ちなみに私の日本でのサイズはC75。年を取って多少おっぱいが減っているとは言え、Aカップになっちゃうなんてー!とちょっと残念でしたが。てかアンダーが90って??
スペインの場合Aがカップサイズ、90がアンダーのサイズ(しかもcm)なのかさえ不明ですが。
まあ、このサイズで不都合が無いので、そういう事だなと納得。
きっと、日本はアンダーが少ない方が「偉い!」カップが大きい方が「偉い!」みたいな所があるので、日本式図り方はそういう消費者の気持ちを汲んだ?ものなのかなーとも思いました。
そしてスペインはだいたいみんなAとかBとかを買って、ホックと肩紐で各自調節してくださーい
って感じなのかしらー?と思いました。実際の所はわかりませんけれど。
そして、夏が近づくにつれて皆さん薄着になってきましたが、こちらの人達、ブラジャーが見えていてもお構いなしです。シャツの肩が開いたところからブラジャーの肩紐が覗いているというレベルでは無く、背中が開いたシャツからブラジャーがごっそり見えていたり、見せブラ?ファッション的なオシャレっぽいのもありますが、「ブラジャー出てますれど、何か?」的なお構いなしファッションの人も多いです(あれ?その人的にはオシャレなのかも)。
先日は総黒レースのTシャツ(大切な部分の辺りだけ見えなくなっている)を着ているカッコいいお姉さんを列車の中で発見しました。後ろ姿を見ると彼女はノーブラのようでした。そして全貌を見て納得。なぜなら彼女は豊胸手術をしているので、おっぱいがブルンと上向きでブラジャー要らずでした。そんなこんなで豊胸手術の人も結構います。

私は、ここ二年程ブラジャーを身に着けなくなってしまいました。その代わりにブラカップタイプのキャミソールが定番となっています。従来のブラジャーはデザインや色など可愛らしいのや上品なのがあって、そういう点では女性の心を満足させてくれてましたが、機能という点においては、商品名に「楽ブラ」とか表示されていても、実際に身に着けると全然楽ではないのです。またサイズも自分にピッタリな商品に出逢えることが少なく、買うたびにスタッフの方にバストを測ってもらったりと面倒な点も苦になります。たまにいいなあと思って手に取ると5000円以上したりするのです。以前は通販で「バストアップタイプ」とか「ゆったりタイプ」とかを取り寄せたりしていましたが、身に着けたのは数回です。着けた時はいいのですが、座ったり立ったり、食事をしたりすると、やはり息苦しくなってきて疲労感を感じるのです。年齢によるものもありますが、肩凝りますし首も凝ります。夏場通勤時などにはブラジャーのお陰で、上半身は汗だくです。若い時は、よくこんな息苦しい物を身に着けれていたなあと感心しています。最近はユニクロをはじめとして、ブラカップのキャミソールや、スポーツブラなど金具が全く無いタイプも販売されていて選択肢が広がりました。私を含めて女性全体が、ブラジャーの着け心地の悪さや、締め付け感から解放されつつある時代だと思います。男性にとってはブラジャーをちゃんと身に着けている女性を好まれる方も多いと思いますが、残念なことに今の女性の多くはブラカップを身に着けることが多くなっています。今の悩みは、当時それなりの金額で過去に購入したブラジャーをどう処分したらいいのか困っている所です。お気に入りのだけ取っておいて後は人に譲るか処分するしかないなあと考えています。しかし、今時ブラジャーを貰ってくれる人はいないとも思ってます。ブラジャーやガードルなどを主力製品として製造販売していた大手の企業は、10年くらい前までは、まさかこんな状況になるとは予想できてなかったと思います。今年も沢山の種類のブラカップタイプのキャミソールやTシャツやワンピースなど新製品がぞくぞくと発売されています。値段も手ごろなので、洗い替えも含めある程度の枚数が買えます。色もデザインも含め品ぞろえが豊富です。これからは、ますます女性の社会進出も増えていく中で、ブラジャーの大手メーカーも女性が働く上で楽が出来る機能と素材を考えていかないと、生き残れない時代に入ると感じています。